SFAなら部下の管理を効率的に行える

営業部の部署があるならそれを管理するのは部長でしょう。
その下に課や係、さらにグループなどの組織がありそれぞれに管理職がいます。
管理職はその下にいる現場の社員等を管理することになりますが、通常は直接コミュニケーションを取って情報をやり取りする必要がありました。
現場の活動をしている営業社員に日報を作成してもらい、管理職はそれをチェックしてその上で指示などを出します。
日報は一日の最後などに出されるので、リアルタイムで対応するのは難しかったでしょう。
SFAの機能として営業部の部下の管理をする機能があり、管理職は部下の入力した情報をリアルタイムで見ることができます。
部下は日報として報告するのではなく、逐一情報を更新するので管理者がそれに対する返事も行うことができます。
SFAはパソコンだけでなくスマホでも操作できるものが一般的なので、外出先からでも情報入力や入力された内容のチェックができるようになっています。
営業部全体の業務効率をアップするのに役立つでしょう。

SFA
フィルタ機能を活用し、放置案件をなくしたり定期的な顧客への訪問フィルタの作成など営業のチャンスを逃さず業務を行えます。

最新記事